ソフトバンクホークス優勝へ赤信号 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

ソフトバンクホークス優勝へ赤信号

9/14のソフトバンクは、5?4でロッテに敗北した。しかもロッテは、5連敗をしており、なかでも西武に3連敗をしている。その元気のないチームが、なぜ息を吹き返してくるのか。それは、ロッテの対ソフトバンク戦への投手のローテーションである。一戦目、ロッテは、マーフィ投手、二戦目は、渡辺俊投手であり、二人ともソフトバンク戦に非常に強い投手である。14日の敗北の原因は、?ミスだらけの野手陣、?ベンチワークの采配のまずさ、?摂津投手、馬原投手の誤算?なにより深刻なのが、下位打線、全然機能していない。試合経過は、失策(本多、山崎)がらみで、5回まで3点を取られたのだが、多村のスリーランホームランで同点にした。が、摂津投手が、打たれ4?3になり、9回はロッテのクロザー小林投手が、ミスをして、4?4の同点となり、ツーアウト一塁三塁としたが、バッターは、山崎選手、この所全然打ててない。この日も三打数無安打、ベンチには、松中、柴原、田上選手がいたが、ベンチは、動かなかった。代打をだして勝負し、負けたなら仕方ないが、やはり打てなかった。案の定、裏有利で、ロッテが、11回馬原を攻め、サヨナラ勝ちをした。こんな試合をしていたら、優勝どころか、4位以下に転落するだろう。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.