ソフトバンクホークス残念! 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

ソフトバンクホークス残念!

ファイナルステージ、ソフトバンク対千葉ロッテ第4戦、ソフトバンクは、陽投手、ロッテは、渡辺俊投手で始まった。一回裏、ソフトバンクの本多選手が、四球で一塁に出塁したが、渡辺投手にけん制アウトにされ、後続もたたれ、渡辺投手を立ちなおさせる。このアウトが、結局渡辺投手に好投をさせるきっかけとなる。2回ロッテの今岡選手にソロホームランを打たれ、先制され、陽投手は、制球難で、4回、2四球で、二死一二塁とし、大松選手にヒットを打たれ、降板した。後、甲籐、藤岡とつなぎ、それぞれ1点づつ入れられた。打線は、いぜん機能せず、0点で終るかと思ったが、9回、本多選手、松中選手、小久保選手が、ヒットを打ち反撃し、もしや、逆転勝利も!と思ったが、2点どまり、2?4で、負けてしまった。アドバンテージの一勝が、ソフトバンクにあるため、まだ有利だが、このままズルズル行かないように、願ってやまない。最後の反撃が、明日につながり、明日、決められる事を願っている。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.