ソフトバンク対巨人3,4回戦 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

ソフトバンク対巨人3,4回戦

ソフトバンクは、ヤフードームで巨人を相手に2連勝をした。3回戦は、和田が好投をし、7回まで0点に押さえた。8回は、ファルケンボークが、押さえ、9回馬原が、2点を取られたが、その後は押さえ4対2で勝った。4回戦、杉内が、先発したが、調子が悪くそれでも5回まで3点に押さえた。秋山監督は、6回杉内に見切りをつけ、台湾出身の陽耀勲をマウンドに送ったが、打たれその後、甲籐投手につなぎ結局二人で、2点取られ6?5の1点差まで攻められた。7回裏に多村選手が、ホームランを打ち、7?5とし、8回摂津投手、9回馬原投手で逃げ切った。私の願う攻撃的な投手の起用方法をここ数試合見せてくれている。後半戦が、始まるが、両エース杉内、和田投手と言えども、調子の悪い時は、さっさと代えるべきだと思う。エースと言う名にこだわっては、後半戦戦ってはいけないと思う。オリックスが、交流戦で優勝をした。このチームは、先発投手が、揃ってくれば後半戦手ごわい相手になると思えるが、どうだろうか?


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.