6/9ソフトバンク対横浜戦 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

6/9ソフトバンク対横浜戦

この試合で久しぶりに攻撃的な野球を秋山監督がした。3対3の同点で8回から摂津、9回ファルケンボ?グ、延長戦になり10回は、馬原を投入した。3人の投手は、すべて3人で打ち取り攻撃陣の奮起を促した。すると10回裏、ペタジーニが、センターオーバーの打った瞬間わかるサヨナラホームランを打った。ペタジーニは、1回も2点タイムリーを打ちヒーローになった。松中選手、多村選手が、足や首を痛めているのに強行出場をした。この試合、3番オーティスは、無安打、4番松中は、ヒット1本、多村も無安打であった。この3、4、5番にチャンスが幾度か訪れたが、ことごとく凡退であった。これでは勝てない。クリーンナップが、機能しない球団は、成績が落ちるばかりだ。横浜は、5連敗で、それまでクリーンナップが役割を果たしてなかったが、この試合だけは、それが機能し3?0で負けていたのに、終盤までに3?3とした。ただ後ろのピチャーの差が出た。9,10回と真田投手をつぎ込んだが、9回は押さえたものの10回にサヨナラホームランを打たれた。ちなみに真田投手は、元巨人で巨人から追い出されたと聞くが、どうだろうか?


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.