ソフトバンクホークス対ヤクルトスワローズ 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

ソフトバンクホークス対ヤクルトスワローズ

ヤフードームで、ソフトバンクとヤクルトの第3戦が、行われた。ソフトバンクは、杉内、ヤクルトは、中沢の先発で試合は始まった。杉内は中5日と言う事で、ちょっと心配されたが、その心配が、当たってしまった。1回に1点、4回に1点取られ、ソフトバンクも川崎のタイムリーで4回に勝ち越し、中沢を引き摺り下ろした。しかし7回にもとソフトバンクの吉本に二塁打を打たれ、1点勝ち越されてしまった。その後、ソフトバンクは、点が入らず負けてしまった。残念なのは、初回から杉内の球は、高めに浮き、切れもないと解説の人も言ってたが、7回で替えるかと思ったが、続投させた。結果論だが、もし7回で替えていれば、勝利したかもしれない。交流戦まだ1勝しかしてないヤクルトを舐めたわけではないだろうが、この負けは、大きいと思う。が、交流戦もまだ中盤、打線は、小久保は、抹消されたが、ぺタジーニが入り厚みがでてきた。だが、誰か言っていたが、重量打線だと、細かい野球が出来ない。そこのところをうまくかみ合わせ、あと全勝する位の気構えで、向かっていってほしい。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.