ソフトバンクホークス対ロッテオリオンズ 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

ソフトバンクホークス対ロッテオリオンズ

7回戦
ホークスは、逆転して4連勝した。初回、杉内が、4点を失い、負けゲーム的な要素だったが、さすがエースである。2?5回を0点で押さえたが、6回に1点を取られ計5点で7回まで投げきった。8回からファルケンボーク、9回から馬原が投げ0点に押さえた。この試合で今までと違ったのは、打線の奮起と打線の粘り強さである。ホークスは、苦手の大嶺から初回に1点、2回に1点を取り2?4とした。6回1点を取られた裏にオーティス、小久保の連続ホームランで4?5とした。7回オーティスの2打席連続ツーランで6?5と勝ち越した。8回にも変わった薮田から1点を取り7?5で勝った。今シーズン初めて逆転劇を演じた。この原因は、色々あるが、一つには日替わりヒーローが出ている所と選手のほとんどが、次の塁を狙って走る事である。前回の楽天戦では、6個の盗塁をしている。これは、バッテリーにもこたえる。走者を気にしての投球は、ピッチャー本来の投球が出来ないからだ。このスタイルを続けていけば勝利への道、優勝へと繋がるだろう。昔ある人から、人間の考えなんて一日で変わるものだと教えられた事がある。特に凡人は!この何週間前までは、ホークスの情けなさに腹を立て、距離を置こうと思った自分だが、今は、又ぐっと応援に力が入る。いい気なもんだが、やはり勝つ事が、大事で、今のホークスは、全員野球で勝利をものにしている所が、すばらしい。今だけかもしれないが、それでも昨夜の勝利には、酔いしれた。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.