ソフトバンクホークス対西武ライオンズ 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

ソフトバンクホークス対西武ライオンズ

第1戦、ホークスホールトン。ライオンズ岸の先発で始まる。ホールトンは、1、2回に1点づつ入れられる。ホークスは、苦手の岸をなかなか打てず、やっと7回1点を入れ降板させた。1点差になったのにまた中継ぎ投手が、試合を壊してしまった。早く中継ぎ投手を整備しないと、今日、ホークスの井出外野手と横浜の吉川投手のトレードが発表された。ちょっとビックリだが、二人共、また1からがんばってほしい。とくに吉川投手は、中継ぎがいないホークスで、力をみせて向かっていく投球を期待する。2?8で負けた。
第2戦、ホークス高橋秀、ライオンズ石井一の先発、今年初めての北九州球場での開催。天気予報は、夜から雨、どうかと思ったが、予定通り始まった。高橋秀は、今年はじめての先発だった。毎回走者はだすが、5回まで1点で押さえる。ホークスは、初回に松田のホームラン等で2点を取る。7回裏に雨がひどくなり41分間の中断、6回からSBMで締め7?1で勝利した。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.