ソフトバンクホークス対楽天イーグルス 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

ソフトバンクホークス対楽天イーグルス

第1戦、ホークス杉内、楽天藤原の先発で始まった。杉内は、立ち上がり不安定で1点取られたが、後は、立ち直り、調子は、良くなかったようだが、さすがエース、押さえるえるところは、しっかり押さえ1点しか与えなかった。打つ方では、キャチャーの山崎が、自身2本目のホームランを打ち、猛打賞も得た。9?1で勝利した。
第2戦、ホークス藤岡、楽天岩隈の先発。藤岡が、どこまで投げられるかと思い見ていたが、2回までは、一人の走者も出さず良いピッチングだったが、3回突然くずれ、1回にホークスがオーティスのホームランで2点先制していたのを追いつかれ、4回に四球、死球が続き、交代。その後も点を入れられ、3?8で負けた。藤岡は、毎回このパターンで、先発は、むずかしいのかと思う。
第3戦、ホークス大隣、楽天田中の先発、二人とも良い投球で、両チーム打てない。大隣は、8回でマウンドを降り、摂津に交代、9回裏の攻撃、オーティスが、塁に出て、城所と交代、城所が、盗塁をしてその送球が、乱れ、いっきに3塁へ、明石の所で、バントスクイズをこころみたが失敗。延長戦に入るかと思ったが、次の松田が、フェンス直撃のヒット!今期はじめてのさよならゲームとなった。このカード勝ち越し!


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.