プロ野球交流戦を終えて 〜 ソフトバンクホークス!

main_top_over_navi

プロ野球交流戦を終えて

セ・パの交流戦は、オリックスの優勝で幕を閉じた。我、ソフトバンクホークスは、最後の追い込んだが、3位に終わった。3連覇を目指したが、主力選手の怪我が、相次ぎ、先発投手も揃わない中、良く頑張ったと思う。和田投手は、交流戦負けなしの5連勝、打つほうでは、多村選手が、首位打者を取り、4割1分5厘と活躍した。交流戦が始まって6年、毎年パリーグのチームが、優勝している。また今年は、パが上位6位までを占めた。圧倒的にパが強い。ピチャーの差なのか、速い直球を投げる投手が、パには多い。あまり対戦した事の無い投手ばかり、また打者ばかりで、お互い選手は、大変だろうが、我々ファンにとっては、楽しみな期間だ。毎年、この交流戦で、勢いのつくチーム、落ちていくチームと分かれる。我、ソフトバンクは、昨年、おととしと、交流戦は優勝したが、その後、疲れがでたのか、失速してしまった。今年は、そうならないように、気持を強く持ち、怪我人も一人づつもどってくるだろう。怪我人が出ないように、気をつけ後半戦、頑張ってほしいものだ。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 ソフトバンクホークス! All Rights Reserved.